腰椎椎間板ヘルニア

herunia

私たちの周りでも、腰椎椎間板ヘルニアで手術したという

話しは聞くことが多いですね。

痛さでどうしようもなくて、病院で受診され、MRIで検査して
腰椎椎間板ヘルニアと診断され、手術を奨められ

ビックリされた方も多いと思います。

症状は痛み、ピリピリ感、シビレを伴いますので、辛いものが有ります。

痛みが長く続いたり、激痛が出る場合はしっかり病院で検査されることを
お奨めいたします。

当院は腰痛、腰椎椎間板ヘルニアに特化した治療院です。
多くの方々を施術してきました。

腰椎椎間板ヘルニアについて書いています。
じっくりお読みください。

 

腰、片方の足が痛くなったり、シビレたりします。

腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状は「腰痛、片側の足の痛み」

これがひじょうに多いです。この症状が出たら、腰椎ヘルニアを
herunia 疑いましょう。

仕事をしたり、運動をしたりして、その動きや、姿勢によって
変化することが多く、ズ~ッと座っていると腰や足が痛くなって来る。

歩いたり、走ったりすると、腰足が痛くなったりシビレたりします。 又、咳やクシャミのたびに腰や足の指先まで

痛みが出る事が有ります。


椎間板ヘルニアの発祥する原因は

①加齢による椎間板が退行して変形する場合(以前にスポーツを
頑張っていた人がなりやすい)

②重たいものをよく持っていた人、スポーツのやり過ぎでの身体
への負担の為の場合

③精神的なもの、不安、うつ、ストレスなどの場合

④日常的に悪い姿勢をしている人

⑤睡眠不足による椎間板の狭まりの場合

などがあげられます。


異常を感じたら、早めにご相談ください。

 

腰椎椎間板ヘルニアはこんな施術をします。

腰椎ヘルニアの場合、腰椎の4番5番の間で発症しやすく、

herunia髄核が繊維輪を破ります。この髄核が神経にあたって
痛みが出ます。

この髄核が引っ込むように腰椎の椎体、椎間板を調整し、
弛緩すと、椎体も元の位置に戻り、髄核も戻り安くなります。

この場合腰椎だけ調整しても他の部分が良くなっていない
とそれをかばう為に、また悪化することが有りますので、

全体を良くすることが大事になります。

腰椎ヘルニアでも下腿麻痺、直腸・膀胱障害、サドル型マヒ

の馬尾障害が出ている場合は手術が必要ですが

多くの場合は保存療法で改善出来ますので

手術される前に一度ご相談下さい。

腰椎椎間板ヘルニアで改善された患者さんの声

腰椎椎間板ヘルニアで治療に来られた方から頂いた感想を紹介します。参考にしてください。


T・Sさん
<会社員>

「本当にありがとうございました」
(腰椎ヘルニアで来院されました)

色々な整形外科、整体を受けてきましたが、なかなか良くならず長く椎間板ヘルニアの痛みになやまされ続けてきました。2年位痛みが続いていたのですが、秀徳先生の優しい施術を行ける度に、痛みとシビレが軽減していくのが実感出来ました。今は5回程の施術をして頂きまして、姿勢も大分よくなり右足は引きずらないで歩けるようになってきました。普通に歩くことが出来ること程、うれしい事はないです。秀徳先生、本当にありがとうございました。完治まではもう少しみたいですので、これからも秀徳先生の所へ通わせて頂きたいと思っています。どうぞ。よろしくお願い致します。

K・Tさん
<会社員>

「驚くほど腰が軽くなっていました」
(椎間板ヘルニアで来院されました)

22歳の時から腰痛に悩まされておりました。医者でヘルニアだと言われて、どうすればいいのかわかりませんでした。30才になりいまだに腰痛になやまされており、たまたま通りがかりにお店を見つけて、通うことになりました。初めは「こんなんでなおるのか?時間も短いし」とかなり不安でしたが終わってみると驚くほど腰が軽くなっていました。しばらく先生の言われた通りにしっかり通って良かったです。今ではほとんど腰痛は出ることはありません。ありがとうございました。


お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ