坐骨神経痛

zakotusinkeituu

椅子に長く座っている時、お尻が痛くなることは


よくありますよね。ちょっと心配になる時があります。

当院にも痛みのある方達が入院が必要になるかも知れない、
手術をしなければならないかも知れないと

心配しておいでになっています。


最近年配者だけではなく、若い方、妊婦の方も
多くなっています。中には妊娠して坐骨神経痛に

なった方も多いです。


坐骨神経痛について書いています。じっくりお読みください。



症状で何か思い当たることが複数ある場合は、早めにご相談ください


zakotusinkeituu坐骨神経痛の症状の主なものは

・夕方足が痛んいる。
・ふくらはぎや太ももにシビレ、痛みがある。


・足がだるく、力が入らない。
・寝ていると足にシビレや痛みを感じる。

・腰、お尻、太ももの裏側、つま先に痛みや、シビレがある。


・坐骨神経が通っている場所(腰、お尻、太ももの裏側、膝裏、すね、
 ふくらはぎ、足裏)で押さえると痛む。


・歩行困難や眠らないほどの痛み、シビレがある。

などの多くの症状があります。坐骨神経痛は症状名で病名ではなく
色んな病名の原因で症状が出るので、それをひっくるめて

坐骨神経痛という名の症状名にしています。



原因として坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群
腰椎脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが

原因とされていますが、最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアの


約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされています。



症状で何か思い当たることが複数ある場合は、早めにご相談
下さい。原因を調べ、最適の施術を提供いたします。



坐骨神経痛はこんな施術をします


坐骨神経痛の症状を感じた場合は手術の必要な緊急の場合もzakotusinkei
有りますので病院の検査は詳しくしてください。

多くの場合は施術で改善が図れます。


座骨神経痛は様ような症状があり、その原因となる

ものによって、多少施術は変わってきますが、ヘルニアであれ、


座骨神経の圧迫であれ、梨状筋症候群であれ、骨格の歪みを

治して、関節を緩め、筋肉、靭帯を緩めることによって、
体液、血液、髄液の流れが良くなり、自然治癒力がつき

回復していきます。



その病名によって、施術する場所が


違ってきますが、その場所を改善出来たら、全体の箇所を

全て治していきます。全てを良くしないと、バランスが
崩れ、不具合が生じやすいからです。

坐骨神経痛でお悩みのあなた、詳しくお話し下さい。

 

坐骨神経痛で来院されたお客様の声

当院に坐骨神経痛で来院された患者さんから頂いた感想を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

 

M.Iさん
<農家>

「以前とは全然違います」
(座骨神経痛で来院されました)

買い物に行って店内を歩いていると、必ず痛くなっていましたがこちらにお邪魔させて頂いて4回目に、店内を歩いても痛みを感じなくなっていました。畑仕事では痛みが少し残っていますが、以前とは全然違います。教えて頂いたストレッチを毎日やっています。ストレッチをやっていると、ひどくならない様な気がしてきます。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ